活蟹をさばくのにはコツがいります。

活蟹をさばくのにはコツがいります。以下の点に気をつけてみてください。
初めに、まな板の上で蟹のおなか側を上にむけます。そして、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。
次いで、包丁の手元の部分を使い、おなかのセンターに切れ込みを入れます。腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。
ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてみてください。
これらは食べられません。
胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。これにて蟹の捌き方はお終いです。どうですか、意外と簡単でしょう。
注文した覚えのない蟹が勝手に自宅に届くのがいわゆる蟹通販詐欺と言われる詐欺の手口です。
代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、なしくずし的にお金を払ってしまうケースが多いようです。
本来なら支払いを拒むべきなのですが、警察沙汰にするような大きな金額でもないし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。
通販を名乗る荷物が突然届いた場合は、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。蟹にはイロイロな食べ方がありますが、中でもおいしいのはまず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。
これまでにイロイロな調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。
蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは水揚げ直後の新鮮な状態でなければあまり美味しくないのです。
そこで蟹鍋や塩茹でがお奨めになる所以です。これらの食べ方なら、鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。そのままの味が好みに合わなくても、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、イロイロな味わいを楽しめるので飽きがありません。
北海道海鮮工房

活蟹をさばくのにはコツがいります。